ROUTE06

Insight

記事一覧

ステークホルダーの皆様へ

Letter

ステークホルダーの皆様へ

資金調達エンタープライズplain働く環境

この数年間でデジタルトランスフォーメーションというキーワードがメディアや資料で取り上げられる機会が急激に増えました。業界規模に関わらず、あらゆる企業で多様なDXへの取り組みが推進されるなかで、足元では業務効率化の観点だけでなく、新しい事業や売上を創出するためのデジタル技術の活用についての議論も活発になっています。

大手企業によるデジタルプラットフォームへの取り組み

Platform

大手企業によるデジタルプラットフォームへの取り組み

エンタープライズマーケットプレイスプラットフォームB2CB2BC2C

インターネット網の整備とパソコン、スマートフォン、その他IoTデバイスの普及によって数多くのデジタルプラットフォーム企業が台頭してきました。プラットフォーム企業はデジタルサービスを通して圧倒的なコンテンツ数とユーザー規模に急成長し、従来のスタンドアローン型のプロダクトやサービスを提供する企業に比べて資本市場から高いこともマルチプルで評価されています。

全社ワークスペースに「GitHub」を選んだ理由と利用状況について

Company

全社ワークスペースに「GitHub」を選んだ理由と利用状況について

note働く環境組織文化

ROUTE06では2022年1月から全社ワークスペースをGitHubへ移行しています。全社員がGitHubアカウントを保有し、コーポレートやマーケティングなどの業務においても、GitHub上で議事録や業務ガイドラインなどの文書作成及びタスク管理などが日常的に行われています。

デジタル新規事業立ち上げにおける着眼点

Product

デジタル新規事業立ち上げにおける着眼点

Go-To-Marketグロースプロダクトマネジメント

業界業種に関わらず大手企業の新規事業において、昨今では新しいデジタル技術の活用が前提となっている事例も少なくありません。SaaSなどのツールを活用することで短期間かつ低コストで運用可能なオペレーションを構築することに加え、取引先や生活者などのエンドユーザーにとって直感的かつ使いやすいユーザーインターフェースを実現するための手段や手法などが盛んに議論されるようになりました。

デザインエンジニアリングへの注目の高まり

Design

デザインエンジニアリングへの注目の高まり

UIデザインUX設計プラットフォーム

近年ソフトウェア開発においてデザインエンジニアリングという言葉を目にする機会が増えています。従前では工業デザインの分野として対象製品の製造や建築にかかる関係者が多く、工程も多岐に渡るものづくり過程において、ユーザーにとっての利便性及び効用の追求と、製造工程のリードタイム短縮やロス効率の最大化を両立させるためのアプローチとして議論されていたようですが、足元ではそのスコープがソフトウェア開発領域にも広がってきています。

サーバーサイドKotlinの可能性

Technology

サーバーサイドKotlinの可能性

Kotlin開発環境DevOps

例近年サーバーサイドの開発言語としてKotlinに注目が集まっています。Kotlinというプログラミング言語はAndroidのアプリ開発での活用が最も一般的に認知されていますが、サーバーサイド開発においても積極的に導入するスタートアップや大手テック企業(Adobe、AWS、Expedia等)の事例が増えています。

「人」と「百貨」が紡ぐ小売の未来、CHOOSEBASEのはじまり

Case

「人」と「百貨」が紡ぐ小売の未来、CHOOSEBASEのはじまり

noteB2Cマーケットプレイス

先日そごう・西武とROUTE06(ルートシックス)の連名で、OMOストア開発に関するプレスリリースを発表させていただいた。ROUTE06は、西武渋谷店で本日9/2(木)にオープンした「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベースシブヤ)」において、AWL、hey、ロジクラをはじめとしたパートナー企業と協業し、OMO(Online Merges with Offline)の仕組みとサービスをご提供している。

デジタルでつながる都市鉱山、限りある資源が限りなくめぐる社会へ

Case

デジタルでつながる都市鉱山、限りある資源が限りなくめぐる社会へ

noteB2Bプラットフォーム

本日の記者会見およびプレスリリースにて、三菱マテリアルが運営開始するE-Scrap取引プラットフォーム「MEX」の発表が行われた。パートナー企業として私も記者会見に登壇し、三菱マテリアルの進めるデジタル化戦略「MMDX(三菱マテリアル デジタル・ビジネストランスフォーメーション)」及び「MEX」の可能性などについて説明する機会をいただいた。