ROUTE06

Tag

B2C

B2C(Business to Customer/企業と個人間の取引)に関する記事及びニュースその他事例等をご紹介します。

事業成長に伴い変化するプロダクトリーダーの役割

Transformation

事業成長に伴い変化するプロダクトリーダーの役割

本記事では、プロダクトリーダーが活躍する母体、企業や事業のフェーズに着目し、変化するプロダクトリーダーの役割やスキル、マインドセットについて解説していきます。

クリエイティブとテクノロジーを繋ぐデザインプラットフォームFigma

Design

クリエイティブとテクノロジーを繋ぐデザインプラットフォームFigma

印象的でシンプルな図形とカラフルな配色のメンフィススタイルのグラフィックが目を惹くインターフェースデザインツールFigma(フィグマ)は、デザイナーだけでなくプロダクトマネージャーやエンジニアなどにも幅広く利用され、独自の創発的なエコシステムを構築することで、ユーザー数を急拡大してきました。本記事執筆時点でのユーザー数は約400万人を超え、GoogleやMicrosoft、New York Timesなどの大手企業でも利用されており、2022年9月にはAdobeによる200億ドル(約2.9兆円)での巨額の買収提案を受け入れたことでも話題になりました。本記事では共同創業者であるディラン・フィールド最高経営責任者(CEO)とエヴァン・ウォレス兼最高技術責任者(CTO)が生み出したFigmaのこれまでの成長の背景と今後の可能性についてご紹介します。

ZARA擁する世界最大のアパレル企業Inditexの歩みとデジタル戦略

Research

ZARA擁する世界最大のアパレル企業Inditexの歩みとデジタル戦略

世界的なファッションブランドであるZARAを展開する業界最大手のアパレル企業の1つであるInditex/インディテックスは自社で企画製造した商品を自ら小売販売するSPAモデルを代表する企業であり、類似業種のファーストリテイリングやH&Mを抑えて売上高首位のリーディングカンパニーです。本記事ではInditexが強固なバリューポジションを築き上げるまでに実施してきた事業戦略と同社がアフターコロナの時代にどのようなデジタル戦略を進めているかについてご紹介します。

新感覚イヤホンambie(アンビー)に学ぶ「ものづくり」と新規事業

Research

新感覚イヤホンambie(アンビー)に学ぶ「ものづくり」と新規事業

昨今のCOVID-19の影響によってリモートワークやオンラインレッスン等が一般化するなか、ZoomなどのオンラインWeb会議システムの普及に加え、イヤホンなどの音響機器の需要も拡大してきました。富士キメラ総研の調査によれば、特にAirPodsやBeatsをはじめとしたワイヤレスイヤホン製品の成長が顕著であり、2020年のワイヤレスイヤホン及びヘッドホンの世界市場規模は3億1,100万台と前年比148%に増加、また2026年には7億7,600万台にまで拡大することが予測されています

大手企業によるデジタルプラットフォームへの取り組み

Platform

大手企業によるデジタルプラットフォームへの取り組み

インターネット網の整備とパソコン、スマートフォン、その他IoTデバイスの普及によって数多くのデジタルプラットフォーム企業が台頭してきました。プラットフォーム企業はデジタルサービスを通して圧倒的なコンテンツ数とユーザー規模に急成長し、従来のスタンドアローン型のプロダクトやサービスを提供する企業に比べて資本市場から高いこともマルチプルで評価されています。

「人」と「百貨」が紡ぐ小売の未来、CHOOSEBASEのはじまり

Case

「人」と「百貨」が紡ぐ小売の未来、CHOOSEBASEのはじまり

先日そごう・西武とROUTE06(ルートシックス)の連名で、OMOストア開発に関するプレスリリースを発表させていただいた。ROUTE06は、西武渋谷店で本日9/2(木)にオープンした「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベースシブヤ)」において、AWL、hey、ロジクラをはじめとしたパートナー企業と協業し、OMO(Online Merges with Offline)の仕組みとサービスをご提供している。

そごう・西武とROUTE06がOMOストア開発で協業

PRESS

そごう・西武とROUTE06がOMOストア開発で協業

株式会社そごう・西武と、株式会社ROUTE06は、そごう・西武の新事業「CHOOSEBASE SHIBUYA」のストア開発において協業いたしました。最先端のテクノロジーを活用したRaaS業態で展開し、デジタルネイティブ世代と新興ブランドの出合いを創出。百貨店とスタートアップ企業とのオープンイノベーションにより、新たな価値提供を目指します。