ROUTE06

Design

デザインエンジニアリングへの注目の高まり

2022-6-29

遠藤 崇史 / Takafumi Endo

シェア

近年ソフトウェア開発においてデザインエンジニアリングという言葉を目にする機会が増えています。従前では工業デザインの分野として対象製品の製造や建築にかかる関係者が多く、工程も多岐に渡るものづくり過程において、ユーザーにとっての利便性及び効用の追求と、製造工程のリードタイム短縮やロス効率の最大化を両立させるためのアプローチとして議論されていたようですが、足元ではそのスコープがソフトウェア開発領域にも広がってきています。

デザインエンジニアリングの定義

ソフトウェア開発におけるデザインエンジニアリングの定義についても諸説ありますが、InVision社が公開する「DesignEngineeringHandbook」1では以下のように定義されています。

Design engineering is the name for the discipline that finesses the overlap between design and engineering to speed delivery and idea validation. From prototyping to production-ready code, this function fast-tracks design decisions, mitigates risk, and establishes UI code quality. The design engineer’s work encapsulates the systems, workflows, and technology that empower designers and engineers to collaborate most effectively to optimize product development and innovation.

デザインエンジニアリングとは、デザインとエンジニアリングが交差する領域における問題解決を行い、プロダクトの納品とアイデアの検証を素早く実施するための指針となるものです。デザインエンジニアリングの役割は、プロトタイピングから本番リリース可能な状態に至るまで、デザインの意思決定を加速させるとともにリスクを軽減し、UIにかかるコードの品質を向上させことです。デザインエンジニアの仕事は、プロダクト開発とイノベーションのプロセスを最善化するために、デザイナーとエンジニアとの最も効率的なコラボレーションを実現し、システム、ワークフロー、技術をカプセル化することです。(筆者訳)

「DesignEngineeringHandbook」内においては、大手テック企業やスタートアップ企業においては渇望されがちなUIデザインからフロントエンドのマークアップだけでなくサーバーサイドのコーディングも一部実装できる何でも屋になることを推奨しているわけではなく、InVison社の定義するデザインエンジニアリングはより組織的な汎用性を企図するものであり、デザインとエンジニアリングを繋ぐための新しい業務や役職をつくる必要性が示唆されています。

デザインとエンジニアリングを繋ぐ役割への期待の高まり

ROUTE06(ルートシックス)においても、プロフェッショナルサービスとして様々な企業のデジタルプロダクトのデザイン構築をご支援させていただくなかで、デザインと開発のスムーズな連携の必要性については日々実感するところです。特に顧客企業の担当者と弊社のプロダクトマネージャー、デザイナー、ソフトウェアエンジニアが目線を共通化するためのワイヤーフレームやモックアップの作成するシーンは多く、実際のソフトウェア開発に入る前にどれだけ関係者間で実用的かつ実装可能なUIデザインを構築できるかによってその後の開発効率が大きく変わります。近年ではFigmaなどのデザインプラットフォームの普及によってモックアップからPRD(プロダクト要求仕様書 / Product Requirements Document)等の作成効率が大幅に向上しており、ツールの進化によってデザイナーの活躍の幅が広がっていることも、デザインエンジニアリングが注目されるようになってきた背景の一つと言えるでしょうか。

デザインエンジニアリングの業務内容

プロダクト開発おけるデザインエンジニアリングの業務内容としては、前述のInVsion社のドキュメントによると「1.バリュー(プロダクトがユーザーに提供する価値、または解決する課題は何か)、2.ユーザービリティ(プロダクトをどう利用するかユーザーにとって明確であるか)、3.実現可能性(エンジニアが限定された期間、リソース、技術のなかで、必要な機能を実装することできるか)、4.ビジネスにおける実行性(そのソリューションは事業に便益をもたらすか)」というプロセスに分類されます。またデザインエンジニアはコードを書くべきかという論点については、上記のプロセスにおける観測効果を最大化することを主目的であるため、コードを書くデザイナーでもそうでないデザイナーでも活躍できることが示唆されています。前者についてはUIエンジニアリングとして、実装効率とデザインの美しさを両立させたプロダクション(本番環境)水準のフロントエンドのコードを記述するだけでなく、フレームワークやツール選定等を行うことが期待されます。後者においてはデザインテクノロジストとして、チーム全体のプロトタイピングの高速化に貢献するようなストーリーティングや、ドキュメンテーション、ユーザーリサーチやA/Bテストなどの環境を整えることが期待されています。

おわりに

デジタルプロダクト開発においてデザインとエンジニアリングを繋ぐ役割としてデザインエンジニアリングの必要性は高まりつつあるものの、業務内容やスキル要件などを明記している企業はまだまだ少なく、今後より議論が活発になっていくことが予想されます。ROUTE06においてもプロトタイピングを通じてプロダクトデザインの受容性、実装可能性及びビジネスインパクトを最大化できるような環境や体制を構築することは重要な経営論点であり、顧客企業からの期待も高いテーマでもあるため、今後も関連分野のリサーチや情報発信なども積極的に行っていきたいと考えています。

脚注

  1. Natalya Shelburne, Adekunle Oduye, Kim Williams, Eddie Lou,and Caren Litherland Design Engineering Handbook

UIデザインUX設計プラットフォーム

著者について

遠藤 崇史(えんどう たかふみ)。東北大学大学院情報科学研究科を卒業後、株式会社日本政策投資銀行、株式会社ドリームインキュベータを経て、株式会社スマービーを創業、代表取締役CEOに就任。アパレル大手企業への同社のM&Aを経て、株式会社ストライプデパートメント取締役CPO兼CMOに就任。株式会社デライトベンチャーズにEIRとして参画後、ROUTE06を創業し、代表取締役に就任。


新着記事

Letter

ステークホルダーの皆様へ

この数年間でデジタルトランスフォーメーションというキーワードがメディアや資料で取り上げられる機会が急激に増えました。業界規模に関わらず、あらゆる企業で多様なDXへの取り組みが推進されるなかで、足元では業務効率化の観点だけでなく、新しい事業や売上を創出するためのデジタル技術の活用についての議論も活発になっています。

詳細